ドライブ中の予期せぬトラブルの安心に「ドライブレコーダー」

車を運転していると様々な事故やトラブルに見舞われることがあります。

車同士が接触する事故はもちろんのこと、歩行者や自転車などとの接触事故。

交通事故の中には、双方が気を付けていたのに仕方なく発生してしまうものもあれば、相手が一方的に悪いと思えるものもあるでしょう。

しかし、自身の過失をすんなりと認めるドライバーは少なく、現実とはかけ離れた過失割合が適用されてしまう事も。

そのようなとき、ドライブレコーダーの映像が決定的な証拠として遣える場合がありますので、もしもの時の備えとして「ドライブレコーダー」を車載しておくのは決して過剰なことではありません。

車のトラブルとしてはこのほかに、車上荒らしやイタズラなど、駐車中のトラブルもあります。

ドライブレコーダーの中には、停車中でも振動を検出して録画を開始できる商品などもありますから、停車中のトラブルにも備えることができます。

また、警察の取り締まりに反論するための証拠として利用することもできるかもしれません。

ただ、この場合あなたの違反の証拠となる可能性も否めませんので、あまり大声で反論するのはお勧めしませんが。

搭載された機能や、販売価格帯も様々な「ドライブレコーダー」にはどのような商品があるのでしょうか。

【ケンウッド フルハイビジョン ドライブレコーダーDRV-410】

ケンウッド フルハイビジョン ドライブレコーダーDRV-410

[商品スペック]
品番:DRV-410
電源電圧:DC12.0V(12V車)
センサー:GPS、Gセンサー
衝撃検出感度:-4.0G~+4.0G(0.1G単位)
モニターサイズ:1.5インチ フルカラーTFT
最大記録画角:水平 117°、垂直 63°、対角 128°
記録解像度:2304×1296(動画最大約300万画素)
フレームレート:27.0fps
記録方式:常時録画/手動録画/イベント記録/駐車録画
衝撃感知前後録画時間:前/10秒、後/15/30/60秒
常時録画ファイル:1/2/3分
音声記録:可(オン/オフ可)
記録メディア:microSDHC/SDXCカード(Class6以上8GB~32GB)
外形寸法:W77×H56/93×D35
質量:(約)81g

ケンウッドは日本の家庭向けオーディオ機器のブランドとして知られていますが、車載向けのカーオーディオやカーナビゲーション、ドライブレコーダーなども販売しています。

フルハイビジョンを超える3M(メガ)ピクセルの高解像度録画で、走行時の映像を鮮明に記録可能。

ケンウッド フルハイビジョン ドライブレコーダーDRV-410

衝撃を検知するGセンサーを備え、車への衝撃を感知したときに録画開始するイベント記録が可能で、位置情報を測るGPSセンサーも搭載しているので、速度・高度・緯度などのデータも同時に記録できます。

ケンウッド フルハイビジョン ドライブレコーダーDRV-410

また、Gセンサーにより走行中の突発的な衝撃や急激な速度変化や急ターンが検知された時に、前後一定時間の映像を緊急録画することができます。

録画モードは、エンジンON/OFFに連動する常時録画、任意のタイミングで録画する手動録画、Gセンサー感知で録画するイベント録画、駐車中の衝撃感知で録画する駐車録画(オプションの車載電源ケーブルが必要)などを用意。

ケンウッド フルハイビジョン ドライブレコーダーDRV-410

このほかに、前方衝突警告・車線逸脱警告・発進遅れ警告といった運転支援機能も搭載しています。

【ケンウッド スタンダード ドライブレコーダー DRV-325】

ケンウッド スタンダード ドライブレコーダー DRV-325

[商品スペック]
品番:DRV-325
電源電圧:DC5.0V(12/24V車)
センサー:GPS、Gセンサー
衝撃検出感度:0.5G~3.0G(0.5G単位)
モニターサイズ:2.0型フルカラーTFT液晶
最大記録画角:水平 100°垂直 52°対角 111°
記録解像度:1920×1080(動画最大約200万画素)
フレームレート:27.5fps
記録方式:常時録画/手動録画/イベント記録/駐車録画
衝撃感知前後録画時間:前後合わせて1/3/5分
常時録画ファイル:1/3/5分
音声記録:可(オン/オフ可)
記録メディア:microSDHCカード(Class6以上4GB~32GB)
外形寸法:W62mm×H51mm×D37mm
質量:(約)65g

フルハイビジョン録画(1920×1080画素)でクッキリと高精細な映像が残せるケンウッドのスタンダードドライブレコーダー。

ケンウッド スタンダード ドライブレコーダー DRV-325

従来モデルよりも20%小型化し、ドライバーの視界を妨げることのないコンパクトなボディ。

ケンウッド スタンダード ドライブレコーダー DRV-325

車両への衝撃を検出して録画を開始できるGセンサーを内蔵、GPSも内蔵で位置情報も記録できます。

ケンウッド スタンダード ドライブレコーダー DRV-325

駐車録画にも対応、本機にはバッテリーが内蔵されているので、電源オフになってから最大約25分間、衝撃や動体を監視します。

ケンウッド スタンダード ドライブレコーダー DRV-325

衝撃や動体を感知すると駐車録画ファイルとして感知後約10秒間録画保存します。

【コムテック ドライブレコーダー ZDR-012】

コムテック ドライブレコーダー ZDR-012

[商品スペック]
品番:ZDR-012/ZDR-014(GPSあり)
電源電圧:DC12V
センサー:GPS、Gセンサー(GPSは有り無し選択可能)
衝撃検出感度:0.1G~1.0G(0.1G単位で設定可)
モニターサイズ:2.3インチ
最大記録画角:水平109° 垂直57°(対角135°)
記録解像度:最大200万画素
フレームレート:29/19/9fps※LED信号対策済み
記録方式:常時録画/衝撃録画/マニュアル録画
音声記録:可(オン/オフ可)
記録メディア:microSDHCカード(付属:8GB/class10)※4GB~32GB対応 class10推奨
外形寸法:58(W)×57(H)×27(D)mm
質量:(約)79g

コムテックはドライブレコーダーやレーダー探知機など、カーライフをさらに快適にする自動車関連エレクトロニクス製品を販売する愛知県の企業。

GPS機能のありなしで価格に違いがありますので、GPS機能不要と考える人にとってはコスパに優れた選択ができるドラレコです。

コムテック ドライブレコーダー ZDR-012

録画モードは、エンジン始動で録画を開始する「常時録画」、衝撃を検出したときに自動的に録画開始する「衝撃録画」、スイッチを押すことで任意のタイミングで録画する「マニュアル録画」の3モード。

ドライバーの視界を妨げないコンパクトなボディと、内蔵のGセンサーで上下自動判別するため、上部から吊り下げでもダッシュボード取付でも、方向を意識することなく設置できます。

コムテック ドライブレコーダー ZDR-012

その他、LED信号機の色も映るように対応済み、ドライブサポート機能として、急加速や急減速、急ハンドルを検出しお知らせする機能も搭載しています。

【コムテック ドライブレコーダー HDR-352GHP】

コムテック ドライブレコーダー HDR-352GHP

[商品スペック]
品番:HDR-352GHP
電源電圧:DC12V/24V
センサー:GPS、Gセンサー
衝撃検出感度:0.1G~1.0G(0.1G単位で設定可)
モニターサイズ:2.7インチ
最大記録画角:水平136° 垂直70°(対角168°)
記録解像度:最大200万画素
フレームレート:29fps※LED信号対策済み
記録方式:常時録画/衝撃録画/マニュアル録画
音声記録:可(オン/オフ可)
記録メディア:microSDHCカード(付属:8GB/class10)※4GB~32GB対応 class10推奨
外形寸法:82(W)×50(H)×27.6(D)mm
質量:(約)128g

こちらはコムテックのレーダー探知機と接続して連携できるフルスペックのハイエンド機。もちろん安心の日本製で3年間のメーカー保証付きです。

レーダー探知機との相互通信は、別売りオプションのケーブルで接続することで、電源供給、映像/音声信号や操作信号、GPS情報やOBDⅡ情報の通信が可能となります。

コムテック ドライブレコーダー HDR-352GHP

この機種はなんといっても視野角168°の超広角レンズ採用で前方視界が広く、従来品では見えなかった車前方の左右が大幅に見やすいのです。

コムテック ドライブレコーダー HDR-352GHP

駐車中の監視もあり、最大で12時間、衝撃検出での映像記録もできるので、駐車場での当て逃げ証拠もバッチリ残すことができます。

コムテック ドライブレコーダー HDR-352GHP

イメージセンサーを1/2.7インチに大型化することで従来よりも鮮明な映像を記録、夜間映像の明るさもアップしています。

【ユピテル ドライブレコーダー DRY-ST3000P】

ユピテル ドライブレコーダー DRY-ST3000P

[商品スペック]
品番:DRY-ST3000P
電源電圧:DC12V車専用
センサー:GPS、Gセンサー
衝撃検出感度:0.1段階で調整可能
モニターサイズ:2.0インチ フルカラーTFT液晶
最大記録画角:対角130°(水平108°、垂直56°)
記録解像度:約200万画素記録(1920×1080)
フレームレート:30コマ/秒(1080P HD)、60コマ/秒(720P)
記録方式:常時録画、イベント記録(Gセンサー記録、ワンタッチ記録(手動録画))
音声記録:可(オン/オフ可)
記録メディア:microSDカード(8GB付属)8~32GB対応(Class10以上)
外形寸法:60(幅)×45(高さ)×28(奥行)mm(突起部除く)
質量:約64g(microSDカード含む)

ユピテルは日本の無線通信機器メーカーで、 レーダー探知機、リモコンエンジンスターター、ポータブルカーナビゲーション、カーセキュリティ、ドライブレコーダーなどの車載機器を得意とする企業です。

ユピテルのドライブレコーダーにはいくつかのグレードがありますが、この「DRY-ST3000P」は最上位機種の下のハイグレードシリーズ、Gセンサーに加えてGPSも搭載した高機能な機種です。

GPS機能搭載で本体の日付設定をGPSで補完するので日時設定は不要。位置情報も記録するので専用ソフト(Windows)で走行軌跡も確認できます。

ユピテル ドライブレコーダー DRY-ST3000P

記録モードはエンジンのON/OFFに連動して映像を記録する常時録画、衝撃を検知して記録するGセンサー記録、動きを検知した時だけ自動で記録する動体検知記録(要オプション)、Gセンサー記録では衝撃感知すると、映像データが消えないように別ホルダへと移動させます。

ユピテル ドライブレコーダー DRY-ST3000P

高機能なのにとてもコンパクトにできているのでフロント上部に設置しても視界の邪魔になりません。高機能で低価格な日本メーカーの人気ドライブレコーダーですね。

ユピテル ドライブレコーダー DRY-ST3000P

【ユピテル ドライブレコーダー DRY-V2】

ユピテル ドライブレコーダー DRY-V2

[商品スペック]
品番:DRY-V2
電源電圧:DC12V(5V入力)
センサー:Gセンサー
衝撃検出感度:0.1G単位で調整可能
モニターサイズ:1.5インチ フルカラーTFT液晶
最大記録画角:対角120°(水平100°、垂直55°)
記録解像度:約200万画素記録(1920×1080)
フレームレート:10、30コマ/秒
記録方式:常時録画/イベント記録(Gセンサー記録、ワンタッチ記録(手動録画))
音声記録:可(オン/オフ可)
記録メディア:microSD(8GB付属)8~32GB対応(Class10以上)
外形寸法:103(幅)×35(直径)mm(突起部除く)
質量:64g(microSDカード含む)

ユピテルのドライブレコーダー「DRY-V2」は、GPSを搭載しておらず価格を抑えたエントリーモデルです。

手軽に使えるシンプルなドライブレコーダーで、記録方式は「常時録画」「ワンタッチ記録(手動録画)」「G(加速度)センサー記録」の3種類。

オプションの電源ユニットを追加すれば、当て逃げやイタズラの証拠を残す「駐車記録機能」も使えます。

コンパクトで目立たない円筒形のボディは、リア用のドライブレコーダーとしても利用できそうです。

ユピテル ドライブレコーダー DRY-V2

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

ドライブレコーダーは聞いたことのないブランド名で格安な商品が多く出回っていますが、故障や映像の不具合といった話をよく耳にします。

ドライブレコーダーは自動車内の激しい振動や温度変動など、過酷な条件下で使用される商品ですので、保証やアフターサービスのしっかりとした日本のメーカー品を選びたいものですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする