【電動かき氷器】スイッチを押すだけで簡単とろふわかき氷

暑い季節になると恋しくなってくるのが「かき氷」、もうすぐ「かき氷の」おいしい季節がやってきますが、「かき氷製造器」の準備はもうできていますか?

家庭用「かき氷器」といえば、上部にあるハンドルを、少し体重をかけながらグルグルと廻して、氷を削りながらつくる手動式の物が一般的ではないかと思いますが、最近ではお店で使われるような電動式のかき氷器の一般家庭向け商品もあります。

電動式のかき氷器は氷を削る速度が一定となるため、削られた氷の粗さが均一となり、食感の良いかき氷をつくることができます。

刃の出量を調節して氷を削る厚さや粗さを設定できる機種もあり、雪のようなフワフワとした食感のかき氷をつくることができます。

製氷器に入れる食材やシロップなど、さまざまな味のかき氷が楽しめるレシピもあり、ひとつあれば夏のあいだいろいろと工夫して楽しむことができます。

今年の夏は「電動かき氷器」を導入して、家族でいろいろと楽しんでみませんか?

【ドウシシャ 電動ふわふわとろ雪 DTY-17BK】

ドウシシャ 電動ふわふわとろ雪 DTY-17BK

[商品スペック]
本体サイズ:約18.5×14.6×33.3cm
本体重量:1.3kg
電源:AC100V 50/60Hz
消費電力:25W
付属品:かき氷アレンジレシピ(料理研究家坂口ともこ先生監修)、専用製氷カップ2個

電動かき氷器といえばドウシシャの独壇場となっていますが、「新食感!話題の台湾風かき氷!」という謳い文句で、ベストセラーになっているのがこの「電動ふわふわとろ雪」です。

ドウシシャ 電動ふわふわとろ雪 DTY-17BK

ふわふわととろける雪のような食感の台湾風「雪花氷」を、家庭でも再現できるということで人気の電動かき氷器となっています。

ドウシシャ 電動ふわふわとろ雪 DTY-17BK

きめが細かく、口の中でふわっととろけるあの食感の秘密は、製氷カップでつくる氷にあります。

氷といっても普通のかき氷のように水を凍らせるのではなく、牛乳と練乳、そしてお好みのフレーバーを加えてアレンジして氷にします。

シャーベットを薄く削ってかき氷にしたような感じでしょうか。

ふわふわとした食感の秘密は氷を削るときの厚さ(粗さ)をダイヤルで自在に調節できるから。

ドウシシャ 電動ふわふわとろ雪 DTY-17BK

これによりふわふわ食感のとろ雪かき氷にすることができるのです。

かき氷アレンジレシピ本もついているので、はじめてでも失敗することなくバラエティ豊かなふわふわかき氷に挑戦することができます。

ドウシシャ 電動ふわふわとろ雪 DTY-17BK

専用製氷カップが2個ついてきますので、一度に二人分までならこれでつくることができます。

【ドウシシャ 電動本格ふわふわ氷かき器 DCSP-1751】

ドウシシャ 電動本格ふわふわ氷かき器 DCSP-1751

[商品スペック]
サイズ:約23.0×19.0×38.0cm
本体重量:約1.3kg
電源:AC100V 50/60Hz
消費電力:18W(0.5円/1時間)
付属品:製氷カップ2個付き

レトロスタイルなのに電動なドウシシャのふわふわかき氷器「DCSP-xx51」、毎年少しずつ改良のためのマイナーチェンジが実施されており、xxには発売年が入ります。

「電動ふわふわとろ雪」と同じように氷を削る厚さを調節できるようになっており

ドウシシャ 電動本格ふわふわ氷かき器 DCSP-1751

細かい粉雪のようなふわふわかき氷をつくることができます。

ドウシシャ 電動本格ふわふわ氷かき器 DCSP-1751

15年モデルは刃を調節するネジが動作中に動いてしまい、空回りすることがありましたが、16年モデルでは調整ネジにバネを追加して簡単に動いてしまわないように改良されています。

17年モデルの「DCSP-1751」も購入可能となっていますので新規購入するなら新しいモデルにしておいた方が良いかもしれません。

【ドウシシャ 電動氷かき器 DIN-1752B】

ドウシシャ 電動氷かき器 DIN-1752B

[商品スペック]
サイズ:(約)165×165×325mm
本体重量(kg):0.8
電源:AC100V 50/60Hz
消費電力:15W(0.4円/1時間)
付属品:専用製氷カップ2個、インナーリング(バラ氷対応)

氷を入れて、頭頂部のスイッチを押すと、モーターが回転し氷を削り出します。

ドウシシャ 電動氷かき器 DIN-1752B

「ふわふわ」シリーズのように、削る氷の厚さは調整できませんが、冷凍庫でつくったバラ氷でもかき氷にすることができます。

使用後は、上部の氷を削る部分を、本体に入れて収納できるので場所を取らずにコンパクトに仕舞えます。

ドウシシャ 電動氷かき器 DIN-1752B

【ドウシシャ 電動氷かき器 DIS-1452B】

ドウシシャ 電動氷かき器 DIS-1452B

[商品スペック]
サイズ:約24.5×19.8×21.5cm
本体重量:約1kg
電源:AC100V 50/60Hz
付属品:製氷カップ×4個

少々古いモデルですがまだ現役で入手可能な電動かき氷器「DIS-1452B」。

製氷カップが4個もついてくる上に、冷凍庫でつくったバラ氷にも対応しており、連続でたくさんのかき氷をつくることができます。

ドウシシャ 電動氷かき器 DIS-1452B

頂上のスイッチを押す操作方法も、上部を取り外し、本体に重ねてコンパクトに収納できるところも、後継機種と同じです。

【パール金属 シャリシャリクールズ 電気かき氷器 D-1398】

パール金属 シャリシャリクールズ 電気かき氷器 D-1398

[商品スペック]
サイズ(約):幅230×奥行190×高さ350mm
本体重量(約):1.1kg
電源:100V 50/60Hz
消費電力:20W
付属品:製氷カップ1個

電動かき氷器はドウシシャの独壇場となっているのでひとつ他の商品を、新潟県のパール金属から発売されている電動かき氷器です。

カラーバリエーションがブルーとペンギンの2種類。

パール金属 シャリシャリクールズ 電気かき氷器 D-1398

脚が上に回転するのでコンパクトに収納、コードも巻きつけてスッキリと片付けられます。

パール金属 シャリシャリクールズ 電気かき氷器 D-1398

【ドウシシャ 大人の氷かき器 コードレス 電池式 CDIS-17CGD】

ドウシシャ 大人の氷かき器 コードレス 電池式 CDIS-17CGD

[商品スペック]
サイズ:(約)W95×D100×H315mm
本体重量:約0.76kg
電源:単3形乾電池4本
付属品:おとなの贅沢氷レシピ(フローズンワイン、冷製コンソメパスタ、梅酒レモンサイダー他)

かき氷器というよりは、ハンディタイプのペッパーミルのような、細かく砕いた氷を料理にかける用途にも使われる電池式のかき氷器。

スッキリ細いハンディタイプなので片手で扱うことができ、相手の器も選びません。

ドウシシャ 大人の氷かき器 コードレス 電池式 CDIS-17CGD

冷凍庫で凍らせたバラ氷専用なので、製氷皿で凍らせたリンゴジュースとレモン果汁を白ワインに削りかければ「フローズンワイン」に。

ドウシシャ 大人の氷かき器 コードレス 電池式 CDIS-17CGD

カクテルやお酒などに、

ドウシシャ 大人の氷かき器 コードレス 電池式 CDIS-17CGD

ドウシシャ 大人の氷かき器 コードレス 電池式 CDIS-17CGD

そしてお料理にも利用できる、まさに大人の氷かき器です。

【ドウシシャ かんたん電動氷かき器 DKIS-150WH】

ドウシシャ かんたん電動氷かき器 DKIS-150WH

[商品スペック]
サイズ:約10.0×13.0×28.5cm
本体重量:約0.8㎏
消費電力:10W(0.3円/1時間)
付属品:専用レシピ付き

手に持って器の上から氷をかけるハンディ式の氷かき器、乾電池ではなく家庭用AC100Vを電源にしますのでコード付き。

冷凍庫でつくったバラ氷を入れたら、ボタンを押すだけでシャリシャリとした氷が落ちてきます。

ドウシシャ かんたん電動氷かき器 DKIS-150WH

ハンディタイプなのでどこにでも上から氷をかけられます。

ドウシシャ かんたん電動氷かき器 DKIS-150WH

夏バテしたときの食欲がない時などに、冷やし茶漬けなんて使い方もできそうです。

ドウシシャ かんたん電動氷かき器 DKIS-150WH

かき氷をつくるというよりは、創作料理向けでしょうか。

かき氷器は自宅で簡単にスイーツが手作りができる、暑い時期の必需品ではないかと思います。

電動かき氷器でオリジナルレシピに挑戦して、子供も大人もみんな大好きな「かき氷」を楽しみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする