モバイルノートやカーオーディオに便利なベリーショートUSBメモリ

パソコンなどのストレージデバイスとして便利な「USBメモリ」ですが、今では大容量なモノでもとても入手しやすいお手頃価格になり、ひとりでいくつも所有している人もいつのではないでしょうか。

データの保存や移動用として、作業用ディスクとして、ハードディスクのバックアップ用として、大活躍してくれる便利なデバイスです。

最近のモバイルノートパソコンはストレージデバイスが「HDD(Hard Disk Drive)」ではなく「SSD(Solid State Drive)」や「eMMC(embedded Multi Media Card)」といったフラッシュメモリーを利用した記憶装置となっているものが多くなってきています。

「SSD」や「eMMC」といったメモリデバイスはリードライトの速度が速いというメリットの反面、容量が小さいというデメリットもあります。

そこで「USBメモリ」や「SDカード」などのフラッシュメモリーを利用した外部記憶デバイスをセカンドストレージとして利用することになると思います。

しかし「SDカード」はともかく「USBメモリ」を使う上で不満になるのがその長さです。

折角小さなモバイルノートを使っているのにUSBポートに挿し込んだメモリが飛び出している。

これでは取扱いが不便だし、なんといっても 引っ掛けて折ってしまうのではないか と不安になります。

087_001.jpg

「USBメモリ」はカーオーディオのMP3データ再生用のデバイスとしても使える機種がありますが、こちらも正面パネルのUSBポートに挿し込んだ「USBメモリ」は見ていて不安になります。

ということで、モバイルノートパソコンやカーオーディオなどでも安心して使える、「全長の短いUSBメモリ」を探してみましょう。

【BUFFALO RUF3-PSシリーズ】

BUFFALO USB3.0対応 マイクロUSBメモリー 64GB シルバー RUF3-PS64G-SV

[商品スペック]
メモリ容量:8,16,32,64GB
インターフェース:USB3.0/2.0
外形寸法:幅15×厚7.6×全長17.8mm

パソコン周辺機器の総合メーカーであるバッファローから、つけたままでも気にならない、薄型ノートパソコンに最適なUSBメモリー「RUF3-PSシリーズ」です。

快適な速度でデータのリードライトができる、大容量のデータも高速転送が可能なUSB3.0インターフェース搭載のUSBメモリーでラインナップ中の最大容量は64GBまであります。

カラーが選べるブラック/レッド/シルバーと3色あります、パソコンから見えている部分は僅かなのでどうでもいいような気がしますが本体カラーと合わせればメモリーを挿していることすら感じさせないサイズですので、使用しているパソコンやカーオーディオのカラーと合わせれば、より一体感が向上します。

但しラインナップ中いちばん大容量の64GBはシルバーのみとなります。

【ELECOM MF-SU2BWHFシリーズ】

エレコム USBメモリ 32GB USB2.0 小型 ストラップホール キャップ付き ホワイト MF-SU2B32GWHF

[商品スペック]
メモリ容量:8,16,32GB
インターフェース:USB2.0
外形寸法:幅14×厚7×全長23mm

パソコン周辺機器メーカーであるエレコムから、キャップに顔文字のワンポイントが付いたストラップホール付きの小さなUSBメモリー「MF-SU2BWHFシリーズ」です。

キャップもストラップホールも必要なのかどうなのかの議論は別にして、ホワイトカラーに顔文字はかわいくてほっこりします。

エレコム USBメモリ 32GB USB2.0 小型 ストラップホール キャップ付き ホワイト MF-SU2B32GWHF

インターフェースがUSB2.0となっており、高速なデータ転送はできませんがカーオーディオなどのMP3再生といった用途ならば全く問題にならないでしょう。

USB3.0の商品と比較すると価格的に優位性があるので、用途によっては使える商品となります。

【ELECOM MF-SU3シリーズ】

エレコム USBメモリ 16GB USB3.0 超小型 シルバー MF-SU316GSV

[商品スペック]
メモリ容量:8,16,32GB
インターフェース:USB3.0/2.0
外形寸法:幅12.2×厚4.6×全長21.5mm

同じくエレコムから、こちらはインターフェースがUSB3.0対応のメタリックなシルバーの「MF-SU3シリーズ」です。

幅も厚みもとても小さくコンパクトなメモリですがストラップホールがついている分、全長が21.5mmと「BUFFALO RUF3-PSシリーズ」の全長17.8mmに比べて長くなってしまっています。

ストラップホールはエレコムのこだわりなのでしょうか、ほとんどの商品についています。

挿したままでも気にならないという商品コンセプトでも紛失は気にする、セキュリティを重んじるエレコムらしい商品といえなくはないでしょうか。

【SanDisk クルーザーフィット USBフラッシュメモリー】

SanDisk Cruzer Fit USBフラッシュメモリー 64GB (5年間保証)[国内正規品] SDCZ33-064G-J57

[商品スペック]
メモリ容量:16,32,64GB
インターフェース:USB2.0
外形寸法:幅12.7×厚6.6×全長17.5mm

アメリカ合衆国に本拠地をおくサンディスクとは、SDカードやUSBメモリーの他にSSDなどのメモリー製品を中心に製造を行う企業で、フラッシュメモリーにて数々の特許を生み出した企業として有名です。

そのサンディスクの全長の短いUSBメモリーは「クルーザーフィット USBフラッシュメモリー」、インターフェースはUSB2.0ですが、全長が17.5mmと短くなっており容量も64GBまでナインナップしています。

そして驚くなかれ、この全長でしっかりとストラップホールもついています。(必要か否かは別として)

【SanDisk SDCZ43-128G】

SanDisk USB3.0 SDCZ43-128G 128GB フラッシュメモリ サンディスク 海外パッケージ品 [並行輸入品]

[商品スペック]
メモリ容量:128GB
インターフェース:USB3.0
外形寸法:幅15.9×厚8.8×全長19.1mm

サンディスクの海外向けパッケージのUSB3.0の高速インターフェースで128GBと大容量な超小型パッケージのUSBメモリーです。

日本国内向けではないため国内サポートはありませんが大容量で価格が安いために並行輸入品でサポート外でも購入する人が多い人気商品です。

【PQI U603Vシリーズ】

PQI JAPAN USB3.0対応フラッシュメモリ U603Vシリーズ 64GB シルバー UD603VSL-64

[商品スペック]
メモリ容量:8,16,32,64GB
インターフェース:USB3.0
外形寸法:幅15.1×厚6.9×全長20.8mm

PQIは台湾のストレージ&メモリーのメーカーです、SSD、メモリカード、USBフラッシュドライブ、DRAMモジュールなどのストレージ製品を中心に製造しています。

カラーはレッドとシルバーの2種類、容量は8~64GBまでラインナップしており、デザイン的には「MacBook Air」を意識しているように見えます。

【PQI i-mini II U838V】

PQI USBメモリ USB 3.0 i-mini II U838V (シルバー/ゴールド) (Gold 32GB)

[商品スペック]
メモリ容量:8,16,32,64GB
インターフェース:USB3.0
外形寸法:幅16.8×厚6.6×全長17.6mm

同じPQIの超小型USBメモリー「i-mini II U838V」、本体の後端部分は六角形の構造となっており、指をかけて抜き差しが容易に行えるように工夫してあります。この辺の造形技術は台湾メーカーとはいえたいしたものです。

PQI 耐衝撃/防水/防塵/永久保証 USB3.0 USBメモリ 64GB 超小型 メタルデザイン 亜鉛合金製 シルバー i-mini II U838V UD838VSL-64

カラーはシルバーまたはゴールドで、表面にはツヤ消し処理がほどこされたメタル・デザインの高級感あふれる質感となっています。

USBメモリ使用上の注意点

今回はパソコンやカーオーディオにつけていても気にならない「ベリーショートなUSBメモリ」を紹介しました。

「USBメモリ」はとても手軽で便利なストレージデバイスですが使用する上で少しだけ注意しなければならない点があります。

USBメモリの寿命

USBメモリなどのフラッシュメモリ製品は、正常な方法で使い続けていても、いずれ使用できなくなってしまいます。

フラッシュメモリの中にある、メモリセルと呼ばれる電気の入れ物の周囲にある絶縁体の膜「酸化膜」の耐久力に限界が来ると、メモリの寿命という事になってしまいます。

しかし、メモリセルの寿命を遅らせるための工夫として予備セルを用意するなどの保護機能も搭載されていますので、余程ハードな使い方をしなければ、この酸化膜の寿命については意識する必要は無いでしょう。

一般的な製品で、書き換え可能回数1万回といわれていますが、この限界値は保護機能の性能や酸化膜の特性など個々の製品によって違いがあります。

USBメモリデータの消失

そしてもひとつ、フラッシュメモリのメモリセルには「電気を貯めてメモリする」ことでデータ保存することを可能にしているのですが、自然放電という現象により貯めた電気が逃げていきます。

自然放電によりデータが消失する可能性もあるので、SDカードやUSBメモリは「データの長期保存用」には向いていないという事を理解したうえで運用した方がよいでしょう。

自然放電によるデータの消失は、一般的には5~10年程度といわれていますが、これも個々の製品の特性により左右されます。

つまり、SDメモリやUSBメモリはHDDの代替として長時間データを保存しておくには向いていないという事になります。(長時間というのは5年10年という単位です)

USBメモリの活用法

上記のようにUSBメモリのデータは長時間(5年10年)放置すると消失する可能性があります。

大切なデータを長時間保存するような使用方法は避けて、デバイス間のデータ移動やカーオーディオのMP3データの再生用として使うのがベストですね。

また、書き換え可能回数の限界値もありますので、アプリケーションで頻繁に書き換えするような使い方は避けたいものです。