ノートパソコンも充電できる超大容量モバイルバッテリー

前回はスマホなどのモバイル機器を繰り返し充電できる「大容量のモバイルバッテリー」のおすすめ商品を紹介しました。

その中でノートパソコンの充電にも対応した出力電圧の高いモバイルバッテリーも存在しました、今回は「ノートパソコンへの充電にも対応した超大容量のモバイルバッテリー」を見てみたいと思います。

ノートパソコンのACアダプタはメーカー・型式により電圧の仕様が様々でスマホやタブレットのように共通規格であるUSBでの給電ができません、そこでモバイルバッテリー側も各メーカーのACアダプタの仕様に合わせて電圧を設定変更できるようにする必要があります。

そしてモバイルバッテリーは容量が大きくなればなるほど重量も増していきます、超大容量のバッテリーはすでに「モバイル」とは呼べないのかもしれませんが、そんなことはお構いなしにひたすら大容量を求めた「キワモノモバイルバッテリー」があります。

緊急時にあと少しの充電を賄うだけでも結構助かるような気がしますが、メーカーサイドとしてはなんとしても大容量合戦に勝利したいのでしょうか、中には1kgを超える重量のモバイル困難なモバイルバッテリーもあります。

超大容量合戦に勝利するのはどこのメーカーなのでしょうか、「ノートパソコンへの充電にも対応した超大容量のモバイルバッテリー」のおすすめ商品を見ていきましょう。

062_001.jpg

【サンワダイレクト モバイルバッテリー 大容量 23000mAh 700-BTL017BK】

サンワダイレクト モバイルバッテリー 大容量 23000mAh ノートパソコン iPad スマホ 対応 DC出力・USB2.1A出力 700-BTL017BK

[商品スペック]
容量:23000(mAh)
出力:DC5V/2.1AMAX DC5V/1AMAX
入力:DC15V~24V/2A
ポート数:2ポート
重さ:約560g
サイズ:約185×124×19.5mm

大容量モバイルバッテリーの回でも紹介した、日本のPCサプライ品メーカーブランドである「サンワダイレクト」の大容量モバイルバッテリー、価格はやや高価になりますが、やはり安全安心な日本ブランドを使いたいという人は多いのではないでしょうか。

ふたつのUSB給電ポートの他にノートパソコンへ充電できるDC出力ポート(DCジャック)があり、出力電圧を切り替えて幅広く多様なノートパソコンへの充電が可能となっています。(DCプラグも多種付属)

容量的には今回紹介するバッテリーの中では控えめなスペックとなっていますが、ノートパソコンの純正アダプタが破損して、アフターパーツの入手が困難となった場合はこちらのモバイルバッテリー購入を選択肢にしても良いのかもしれません。

サンワダイレクト モバイルバッテリー 大容量 23000mAh ノートパソコン iPad スマホ 対応 DC出力・USB2.1A出力 700-BTL017BK

重量も比較的軽い560gとなっており、辛うじてモバイルしようと思えるレベルではないでしょうか。そして嬉しい機能として、電池残量がひと目でわかる液晶画面がついており、残量のパーセンテージ表示やDC出力の設定電圧の確認などができます。

サンワダイレクト モバイルバッテリー 大容量 23000mAh ノートパソコン iPad スマホ 対応 DC出力・USB2.1A出力 700-BTL017BK

・Amazonで サンワダイレクト モバイルバッテリー 大容量 23000mAh 700-BTL017BK を探す。
・楽天市場で サンワダイレクト モバイルバッテリー 大容量 23000mAh 700-BTL017BK の最安値を探す。

【SimPretty_HighClass 超大容量モバイルバッテリー 45000mAh】

【正規品】SimPretty_HighClass ノートPC充電可 超大容量 モバイルバッテリー 45000mAh HP MSI Lenovo Acer ASUS Chromebook Let\'s note レッツノート toshiba Dynabook NEC / iPhone 6 6Plus 5 5S 5C 4 4S / iPad mini air / Xperia Galaxy Nexus Xiaomi等 各社ノートパソコン・スマホ 対応 3台同時充電可 高速充電:超高速蓄電対応 tb200002a03 ブラック

[商品スペック]
容量:45000(mAh)
出力:DC12V/5A(Max) 16V/3.75A(Max) 19V/3.15A(Max) / MicroUSB 5V/2.1A / MicroUSB 5V/1A ※電源ボタンで出力電圧を切替。(12V→16V→19V)
入力:DC14V~20V/2A or MicroUSB 5V/2A
ポート数:USB-2ポート/DCジャック1ポート
重さ:約895g
サイズ:約197×107×24mm

SimPretty_HighClass」の超大容量モバイルバッテリー、重量が1kgを切る895gで45000mAhもの超大容量としていますが、やはりモバイルするには少し重たいでしょうか。

DCジャックからの出力電圧は電源ボタンを押すことで12V→16V→19Vと切り替わります、19V/3.15A以上のノートパソコンには対応できないのであらかじめお使いのノートパソコンのACアダプタの仕様を確認しておいた方が良いでしょう。

DCジャックが1ポート、USBポートが2ポートで同時に接続できるのは合計で3台までとなります、ノートパソコンとタブレットとスマホなど、と通常であれば十分ですね。

また、バッテリー本体への充電が本体充電用USBポートからもできますので充電用ACアダプタを自宅に忘れてもUSB経由で充電することができます、これは外出先でもしもの時に便利かもしれません。

・Amazonで SimPretty_HighClass 超大容量モバイルバッテリー 45000mAh を探す。

【MAXOAK 超大容量モバイルバッテリー 50000mAh】

MAXOAK モバイルバッテリー 超大容量50000 6ポート,ノートパソコン,Sony/Dell/Hp/Toshiba/Samsung/Lenovo/Acer/IBM/NEC/スマートフォン/タブレッド等対応

[商品スペック]
容量:50000(mAh)
出力:20V/3A 12V/2.5A 5V/2.1A×2 5V/1A×2
入力:16.8V/2.5A
ポート数:USB-4ポート/DCジャック2種
重さ:約1260g
サイズ:約207×136×33mm

モバイルバッテリーをAmazonなどのECサイトを中心に販売する「MAXOAK」のノートパソコンへの給電もできる超大容量50000(mAh)のモバイルバッテリー、既出のサンワダイレクトの大容量品と比較して倍以上の超大容量です。

重量が1.26kgともはやモバイルできる領域ではなさそうですが、「そんなの関係ねぇ」といわんばかりの容量とポート数で勝負のバッテリー。

ノートパソコンへの給電ができる20V/3Aとデジカメなどを充電できる12V/2.5AのふたつのDCジャックを備え、スマホやタブレットへの給電用にUSBポートを4つ備えた欲張り仕様です。

ノートパソコンへの給電用にメーカーごとに多種のDCプラグが付属しており、専用のDCプラグを交換して充電します、この辺はノートパソコンのACアダプタが共通規格ではないため致し方ないところです。

・Amazonで MAXOAK 超大容量モバイルバッテリー 50000mAh を探す。

【日本トラストテクノロジー Mobile Power Bank 52800 MPB-52800】

日本トラストテクノロジー Mobile Power Bank 52800 MPB-52800

[商品スペック]
容量:52,800mAh(3.7V)/195.3Wh
出力:USB 5V(2.1A + 1.0A) / DC 9V/12V/16V/19V/20V(3.8A)電圧切替式
入力:DC 20V(付属充電器)
ポート数:USB-2ポート/DCジャック1ポート
重さ:約1385g
サイズ:約215×81×57mm

バッテリー製品を商品化して販売する「日本トラストテクノロジー」の50000mAhを超えるモバイルバッテリーは重量が1.39kgとヘビー級ですが容量は52800mAhと超大容量です。

変換チップの交換で様々な機器に充電が可能となります、DC電圧も9V~20Vまで段階的に幅広く設定ができます。

サンワダイレクトのモバイルバッテリー同様に、電池残量がひと目でわかる液晶画面がついており、残量のパーセンテージ表示やDC出力の設定電圧の確認などができます。

・Amazonで 日本トラストテクノロジー Mobile Power Bank 52800 MPB-52800 を探す。
・楽天市場で 日本トラストテクノロジー Mobile Power Bank 52800 MPB-52800 の最安値を探す。

いかがでしたか?モバイル用途というジャンルの使い勝手を無視した「超大容量のモバイルバッテリー」を紹介しましたが、メーカーサイドとしては大容量ナンバーワンを目指して競っているのでしょう。

これで容量そのままで重量が半分程度にできれば携帯できるレベルの真のモバイルバッテリーとなりそうですがそのような製品となるにはまだ暫くかかりそうです。

今のところは「予備の電池」と「体を鍛える」を両立できるアイテムとしてヘビー級のモバイルバッテリーを携帯して体力づくりに励みましょう、なんて冗談はさておいて。

携帯できなくても非常用のバッテリーとして十分使えるアイテムだと思いますので、使い方の工夫次第で据え置き型のモバイルバッテリーとして重宝すると思いますよ。